About ゼロ高について
トップページ顧問陣のご紹介

顧問陣のご紹介

ゼロ高では、主宰堀江貴文を筆頭に、各業界のプロフェッショナルが、ゼロ高の運営、カリキュラムの構築などを行っております。

主宰

堀江 貴文

実業家。株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー

東京大学在学中の1996年、23歳のときに、インターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッジ(後の株式会社ライブドア)を起業。2000年東証マザーズ上場。現在はロケットエンジンの開発や、グルメアプリ「テリヤキ」、コミュニケーションアプリ「755」のプロデュース、また予防医療普及協会として活動するなど幅広く活躍。

顧問

成毛 眞

書評サイトHONZ代表 / インスパイア取締役ファウンダー
元スルガ銀行社外取締役 / 元早稲田大学ビジネススクール客員教授 / 元マイクロソフト社長

1955(昭和30)年北海道生まれ。中央大学卒。自動車部品メーカー等を経て日本マイクロソフト株式会社入社、1991年同社代表取締役社長。2000年に退社後、インスパイア設立。早稲田大学客員教授ほか書評サイト「HONZ」代表を務める。著書に『これが「買い」だ』等。

佐渡島 庸平

編集者/株式会社コルク代表取締役社長

1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。

森田 正康

1976年愛知県生まれ。ハーバード大学、ケンブリッジ大学など海外の大学・大学院を渡り歩き、日本に帰国後は語学系出版社・アルクの第2次創業メンバーとして取締役に就任。2006年には JASDAQ上場を果たす。同年、ヒトメディアを創業し、教育や異文化領域における新規ビジネスの立ち上げや、ベンチャーへの投資・育成を中心に活動。国内外の企業取締役やNPO団体理事、大学教授なども務める。

坪田 信貴

坪田塾 塾長、『ビリギャル』作者。

これまでに1300人以上の子どもたちを個別指導し、生徒の偏差値を急激に上げてきた。著書の『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で第49回新風賞受賞

菅本 裕子

1994年生まれ。元アイドルという経歴を持ちながら、“モテクリエイター”、“SNSアドバイザー”として活躍。タレント、モデルとしても、20代女性を中心にInstagramで紹介した商品が完売するなど、カリスマ的人気を誇る。全国的に開催しているイベント「ゆうこすモテ教室」や、自身のYouTubeチャンネル「ゆうこすモテちゃんねる」も話題沸騰中。

藤原 和博

教育改革実践家/元リクルート社フェロー/元中学高校校長

リクルートのトップセールス、新規事業部長を経て初代フェローというスーパービジネスマンの世界から転じ、東京都初の民間中学校長や奈良市一条高校校長として様々な改革を断行した経験をもとに、ライフデザインの方法を教える超人気講師。講演ライブ回数1300回以上、著書累積140万部。ホリエモンやキンコン西野氏絶賛の「キャリアの大三角形を作って100万分の1の希少性ある存在になろう!」は高校生向けの「自分自身をレアカード化せよ!」というメッセージに言い換えられる。自身、個人がメーカーになれる時代をリードして、腕時計ブランド「japan」や新型かき氷製造機の開発などのチャレンジも行い、時々失敗している(笑)。

堀 潤

ジャーナリスト

2001年NHK入局。「ニュースウォッチ9」リポーター、「Bizスポ」キャスター、「ニッポンのジレンマ」初代MC。2012年、米国ロサンゼルスのUCLAで客員研究員、日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作(京都国際インディーズ映画祭特別賞)。2013年、NHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。2017年、株式会社「GARDEN」設立。個人やNGO /NPOなどの発信支援のメディアを運営。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、dTVチャンネル「NewsX」キャスター、フジテレビ「ワイドナショー」、AbemaTV「Abema Prime」コメンテーター、WEB「Forbes Japan」Official Columnist、雑誌「anan」、「ジュニアエラ」、「月刊Journalism」など多数連載中。著書に角川書店「変身 Metamorphhosis」、講談社「僕がメディアで伝えたいこと」、幻冬社「僕らのニュースルーム革命」、朝日新聞出版「伝える人になろう講座」など

クレジットスポンサー紹介

MasAlto

これからの時代に必要な人を作る高校といえば「ゼロ高」と一番に名前が上がる有名校になりますように。【最大の遊びに最高の学びを】これをモットーに会社経営している現役ゼロ高生より。masalto.co.jp

加藤 智紀 (@tomotomospot)

ちょっとしたきっかけや出会いが私の人生を大きく変えてくれました。会いたい人は必ず会いに行き、行きたいイベントに行くなど行動って重要です。資金も仲間も集められる時代ですし、わくわくしながらやりたい事に盛り上がって行動していきましょう!ゼロ高等学院、心より応援しております!

田端良泰

関わる人が笑顔になると自分が嬉しい!いくつになってもこれからの人生、今日が一番若い!応援しています!!

魅力解放アドバイザー豊栄信江

私は社会に出てから、「人生の可能性は、選択肢の数と考え方・行動力によって決まる」と痛感し、「社会に出て必要なそれらを学校で学びたかった」と思っていました。そのため、それを実現されたゼロ高と、今までにないこの環境に飛び込める若者を応援したいと思い支援させていただきました。

菱井亮

りくまぱ

親子で参加したゼロ高の説明会で、なんだか私も背中を押されました。それからブログやSNSで自分が発信するなんてすごい変化です。クラウドファンディングも初めてです!息子も含め、いろんな想いで入学を決めたゼロ高生を応援しています!!rikumapa.work

関口英和

ゼロ高生の未来をとても楽しみにしています!

ページの先頭へ戻る