News お知らせ
トップページお知らせプレスリリースゼロ高2019年度4月入学式を開催しました

ゼロ高2019年度4月入学式を開催しました

代表のないとうです。

4月5日、「ゼロ高等学院 2019年度4月 入学式」を日本科学未来館にて開催いたしました。

入学式のねらい

今回の入学式は
参加するだけで成長する入学式にしたい
という想いがありました。

わたし自身が体育館でパイプ椅子に座って、新入学生が一方的に話を聞くだけの入学式はやめたかったという想いがあり、それに在校生がのっかってくれたかたちで、今回の入学式が実現しました。

そして「大人が全部準備をして、子どもが受け身でいる」というのも生徒にとって学びが少ないと判断し、ゼロ高としてはリスクを取って、在学生がつくる入学式というかたちにしました。

その他にも、いくつかチャレンジしたものがありました。それはまた後日お話しする機会を設けさせてください。

 

結果として

結果的に、できたこともあればできなかったこともありました。
堀顧問、坪田顧問、堀江主宰の著名人のアテンド、会場の照明調整、会の進行までを在校生が行いました。

大人でも体験できない経験をできたこと、小さくても成功をつかめたこと、彼彼女らにとっては、非常に貴重な経験になったと思います。新入学生にとっては物足りなさがあったと思うので、そこはみんなで一緒に改善していきたいです。

ゼロ高等学院の入学式は、話題性だけではなく、ゼロ高を理解し、生徒同士がつながり、その場自体がワクワクする学習機会にしていきます。アイデアある方いらっしゃったら、ぜひお力をお貸しください。

入学式の内容

1. 学校理解の成長
わたしから、人生初めてのスピーチ
「道はかならず見つかる」を話させてもらいました。ゼロ高とはどういう場所なのか、みんなはゼロ高に入ってなにをするのかを改めて伝えました。

2. 伝える人になる成長
堀顧問の「伝える人になろう講座」を体験し、伝えることとはどういうことかを学びました。

3. 考え方の成長
堀江主宰の考えを、坪田顧問、わたし内藤代表でお話ししました。堀江主宰のお話から、みんなに考えてもらうきっかけをつくりました。

ゼロ高生たち

 

わたし内藤代表祝辞「道はかならず見つかる」

 

サポーター紹介

 

在校生和田さんの代表挨拶

 

堀顧問による「伝える人になろう講座」

 

堀江主宰、坪田顧問、内藤代表によるお話

 

 

ゼロ高は引き続き、慣習ではなく、なぜ?を追求し、
あたらしい学校の在り方をリスクを取りながら開拓します。

これからのゼロ高生とゼロ高の活躍に、ご期待ください。

 

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る