News お知らせ

北杜市レポート

ゼロ高の佐藤ガクト(17)です。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100027691934158

北杜市のおもしろい大人から学んだ事ことをまとめた。

 

熱中する

今回お会いした方々はとても仕事に熱中し、人生を楽しんでいた。その姿はとてもかっこよかった。それが例えスケボーであってもバイクであっても音楽であっても熱中するとすごいパワーを持つと思う。
自分もやるからには熱中して最高に楽しみたい。

 

仲間の大切さ

自分がやりたいことに熱中していると偏った見方、考え方になってしまうことがある。そのため、違う角度から冷静な意見をしてくれる仲間、アドバイスし、支えてくれる仲間の存在が大切である。ゼロ高はとても多様な価値観や見方を持った人たちが集まっているので、今まで以上にそのコミュニティを活用し、良い仲間を作ろうと思った。

 

チャレンジ

挑戦は年齢や学歴、過去に関係なく誰でもできるものだと感じた。「挑戦は誰でもできる」という言葉は知っていたが、実際に肌で感じることで理解ができた。そして、今の若者は知っていても感じることができていないという課題が見えてきた。これからはもっと学生などが実際に色々な大人に会って色々な経験を通して何かを感じられる機会が増えれば良いと思う。
自分の夢ややりたい事に向かい常に挑戦者であり続けたいと強く思った。

 

やってみる

「とりあえずやってみる」はとても大切だ。UCHUbrewingは資金やキャリアの課題の解決より先に行動を起こしたという。自分は現在海外留学の計画を立てている中で、問題に直面し悩むことが多い。しかし、UCHUの方とお話をして自分の課題が小さく感じた。同時に「やってみる」というワードの強さに改めて気付かされた。
やりたいことによって一歩の大きさは違うと思うが、変に考え過ぎずにまず行動を起こすべきだと思った。

 

魅せ方

みんなそれぞれがそれぞれのやり方でやっている事、やりたい事を発信していた。しかし、単に自分がやっていることを載せれば良いわけでは無く、その面白さや魅力が伝わるように表現しないといけないと学んだ。おもしろい事をやっていてもoutputが下手だとファンや支援者をうまく作ることができない。これはゼロ高全体の目標でもある自立に直接繋がっており、とても重要だ。
魅せ方については自分の弱点なので、これからoutputの量を増やし、質を高めていこうと思う。

  • FARMANの井上さん
  • UCHUbrewingの楠瀬さん、鈴木さん
  • Roosterの徳光さん

ありがとうございました。

一覧に戻る

ページの先頭へ戻る